それ的なアレ

沖縄でドラムを叩く人、友人やバンドメンバーからはサイコパスと言われている心優しいゴミが描く壮大なゴミブログ

オシャレな言い回しを探して

最近ふと周りを見渡してみると、オシャレなものが増えてきたように思える。

 

携帯電話もスマホになり、iPhoneなんかオシャレすぎるフォルム、

みんなの服装なんかもみんなオシャレな格好してるし、メガネなんかもオシャレ

インスタ映えという言葉もでてきており、みなこぞってオシャレで綺麗なものを探し出しては写真を撮る。

 

オシャレ大戦争な世の中になったもんだと、日々考えております。

 

しかし、見てくれはオシャレになっているものの、中身までもがオシャレになっているわけではないような気もして仕方がない、

それの最たるものはやはり言動、つまり言葉などはオシャレではないような気もしている。

日本語というものは美しいもので、接続詞ひとつ違うだけで言葉の意味やニュアンスをも変えることができる。

 

僕が好きな日本語で「さようなら」という言葉がある。

誰からと別れるときに使う言葉だが、

 

「さようなら」は「さようであるならば」が変化した言葉であり、接続語なのである。
別れの場面で接続語を使う言語は世界でも類を見ない。
別れなければいけないのならば仕方がない、お別れだ、という潔い意味を含んでいるのである。
また会おうでも、お幸せにでもない、仕方がない、なのである。

これは実に美しいなと僕は感じる。

 

このように日本語というものは美しいなと思うのだが、いかんせん美しいだけではオシャレではないのだ。

プラスαがあればオシャレに昇華するはずなのだ…そう考え、仕事を一時放棄することにした。

 

 

ちなみに余談だが、僕は「さようなら」ではなくオッツーーーとかウェ~イとか使っている。美しさの欠片もない。

 

 

そんな僕がオシャレな言葉を、言い回しを考えようというのだ。

もはやおふざけが過ぎているようにも感じるだろう。

だが至って真面目に考えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻すとしよう。

オシャレな言い回し、言葉についてだ。

オシャレと考え連想するものはなんだろう、やはり外国の言葉や文化であろう。

洋服というものも、文字からつかめるように、洋物の服、つまり外国の文化なのである。

そう考えれば、オシャレ=外国というシンプルな図式が浮かび上がる。

ここから導き出される仮説は、日本語に外国のニュアンスを加えればオシャレになるのではないか?という仮説である。

 

そこでオシャレな外国というものを連想すれば、西洋、つまりヨーロッパの方向にまで絞り込むこともできる。

 

 

間違ってもニジェール共和国などの方向に進んではいけない。

 

 

 

ちなみに余談だが、

ニジェール共和国とは、西アフリカのサハラ砂漠南縁のサヘル地帯に位置する共和制国家であり、首都はニアメ。

内陸国であり、アルジェリア、マリ、ブルキナファソベナン、ナイジェリア、チャド、リビアと隣接する。

公用語は主にフランス語、名産品は、「イロリド」と呼ばれる藁で作られた人形。
ウェムカッチャ地方に行けば、職人達がこの「イロリド」を作っている姿を直接見ることが出来るので、ふらりと長期休暇を利用して見に行くのもある種のオシャレだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻そう、西洋、ヨーロッパの言葉を、という話だった。

 

 

イギリスやオーストリア、イタリアなどオシャレそうな国のラインナップである。

これは期待ができる。

 

 

そこで僕が着目したのは、フランスだ。

先程ニジェール共和国について論じたときに、公用語はフランスというものを見つけたからだ。

これはなにかの因果、運命とも呼べる出会いだろう。

 

 

フランスで連想するものといえば、エッフェル塔、サッカーなど様々なものがあるが、

「パリジェンヌ」という言葉があるではないか、

パリジェンヌという言葉を見た時、人々はどう感じるだろうか、

なんかよくわかんないけどパリの街をオシャレにウェイしているもの。

そのような想像ができるだろう。

言葉の本質、実態というものをしっかりと掴むことはできないが、なんかオシャレ

そう、オシャレとはそういうものなのではないだろうか、

 

 

そこで僕はこの「パリジェンヌ」という言葉に飛びついた。

ジェンヌという言葉からオシャレさを感じるのであろうか?

いや、違う、これは接続している言葉があるからオシャレなのだ。

言葉尻に「ヌ」という言葉が重要なのだと僕は気がついた。

 

パリジェン

 

なんとも寂しいものになってしまう。

「ヌ」がないだけでこんなにも薄っぺらい言葉に変貌してしまうのだ。

「ヌ」という言葉はすごい、そして同時に恐ろしいものだ。

 

 

この「ヌ」をつけるだけでオシャレになる。

勝った、僕は打ち勝ったぞ、これで僕もオシャレ街道まっしぐらに違いない。

しかし実験してみないことにはまだ実感がわかない。

 

幾つか例題を書き残すことにしよう。

 

 

ガチャピン

 

言わずと知れた緑色の恐竜だ。

サーフィンをしたり、登山をしたり、はたまた宇宙にいったりなど活動は多岐渡る。

そんなガチャピンに「ヌ」を付け加えるとどうだろう…

 

 

 

 

 

 

ガチャピン

 

 

 

 

 

オシャレ恐竜の爆誕である。

完全無欠の緑色の恐竜が、オシャレまで手に入れやがった。

強い、強すぎる。

この名前の前にはガチャピンヌの隣にいる赤いモップ、通称ムックも

「お、オシャレの化身ですぞーーー!!」と言って卒倒、そのまま北極近くの島へと帰省することだろう。

ガチャピンヌ恐るべし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チンポヌ

 

 

 

唐突の下ネタ、しかしオシャレだからセーフ、

なぜだろう、オシャレでもあるが、急に愛くるしさが出たではないか、

恐ろしい、オシャレだけではなく、キュートさも演出してしまうのかこの「ヌ」という言葉には……

「ミラノ風チンポヌ、ジェノベーゼソースと共に」

こんな料理がありそう、もはやオシャレすぎて非の打ち所がない。

 

 

 

 

 

 

そしてコレを書きながら思い出したことがある。

ニジェール共和国公用語はフランス語、

つまりニジェール共和国はオシャレ、まさかの盲点、

こいつは一本取られた。

ちなみにニジェール共和国にはTAL NATIONA(タル ナショナル)という最高にいかしたバンドがいる。

アフロ・ビートはもちろんだが、アフリカン特有のグルーヴ感が癖になる。

 

オシャレなニジェール共和国の音楽を聞くことはもはやオシャレすぎる。

スタバでしたり顔している人たちは瞬殺だろう。

アフリカンビートで瞬殺した後に、「ガチャピンヌ」と残して次のスタバへ向かおう。

オシャレの化身として、後世に語り継がれることになるであろう。

 

 

 

もはやなにを言っているのだ僕は、オシャレの欠片もない文章だ。

ガチャピンヌとはなんだ。コレについて残りの業務時間中に向き合いたいと思う。

 

 

 

 

 

オシャレの道は険しく遠い

 

 

 

 

 

 

まぁ今日はこんな感じです。

怒りという感情の昇華

僕は基本的に温厚な人間であると言われることが多い、

僕も自分のことは温厚な方であると思う。

 

実際に殴り合いの喧嘩などもしたことないし、人も殺したことはない、

数少ない友人や家族などにもあなたは温厚な人間ねと言われる。

 

口論になりそうになっても、ごめんなさいで済むならすぐにごめんなさいを解き放つし、その際に自分が信じる正しいと思うことを相手に強要してやろうとは一切思わない。

 

陰口、風評なども受け入れることも容易にできる。

言い争いや喧嘩という稚拙で野蛮なものは嫌いである。

人との摩擦、険悪な空気というのが死ぬほど嫌いである。

 

だから、基本的に険悪な空気を出す人が苦手で、できることなら爆発四散してくれとも思うし、その空気を読んでおどけているこちらの労力を知っていただきたい。

 

 

さて自分の事を平和の象徴、非暴力の化身かのように振る舞って一人粘っこい笑顔を浮かべている自称温厚な僕であるが、もちろん怒り散らかすこともある人間だもの、

 

 

基本的に僕が怒る時は、自分の不甲斐なさを感じた時、理不尽な要求を受けていると感じる時などがありますが、これは噛み砕くことができるので、さほど困ることはありません、

 

ではなにが許せないか、それは他人の「怒る」という行為に対してである。

大体これで僕はイライラするし、なんならブチギレる。

 

怒るやイライラしているときに醸し出される空気が嫌いすぎて、「怒る人=悪」という図式が僕の中ではできている。

 

 

それが仲の良い友人だろうがバンドメンバーだろうが家族だろうがなんだろうが、

常にイライラしている、短気なやつは総じて嫌悪感がでる。

 

 

怒らずに伝えること、人を動かすことができないから、人というのは怒りに任せる時がある。

しかしそれは、自分の無能を露呈しているにすぎないと僕は思う。

 

 

 

怒っているやつがいるだけで空気が悪くなる。

常に怒って空気を悪くしているやつはゴミとみなしていい、すぐさま粛清したほうが良いのだ。

 

こういったマインドが培われたため、怒っている人に対し、反射的に怒るというスキルが身についてしまったのだ。

 

相手はこちらの事情もおかまいなく怒る。

常に怒っている、空気を悪いものにしている。しかも自覚がない、

だから僕もブチギレるという手段を取らざる得ないのだ。

 

 

いつまで怒ってるんですかぁぁぁぁぁ!?!?!?怒りが相変わらずしつこいですねぇぇ!?!?義務教育ほんとに受けてきたんですかぁぁ????

怒るという手段しか持ち合わせていないんですかぁあぁぁ!?!?だから嫌われて煙たがられてるんじゃないんですかぁあぁあぁ!!?!?!?チームプレイって知ってんのかてめぇ!!!!!!

怒らずに言ってみろよ!!!ほらほらぁぁぁぁぁ!!!!!!!

俺は怒る奴がでぇっきらいなんだよぉぉぉぉ!!!!

もう一回輪廻転生させてやろうかゴラァァ!!!!

 

 

 

 

こういう事象をなんというか、みなさんご存知であろうか?

「逆ギレ」といいます。

どうもみなさんご機嫌麗しゅうございます。逆ギレ大明神でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆ギレをする以前に、

 

 

 


「“怒る” というのは理由の如何に関わらず人間として間違っている、いけないことをしている。だから今、俺はその怒りに対してブチ切れる。」

 

 

 

というこの自分の主張、マインドは、どうやら様子がおかしいのだ。

大きな矛盾を孕んでいるのだコイツには、「怒ることは悪いことだから怒る」

 

 

 

これはもはや、女性用下着を頭に被り、ありとあらゆるポケットから下着類がはみ出ている警察官が、下着泥棒を取り締まっているようなものである。

 

 

てめぇは誰に断って下着泥棒してんだゴラァ!

と言いながらブラジャーで相手を捕縛し、口に下着を詰め尋問しているのだ。

この光景が一番近い

 

 

 

 

過去を振り返り、様々な怒りを抱えては放出していたが、大体がこの下着大好き警官と同じキレ方をしていた。これは僕が温厚すぎるが故、摩擦のない平和な世界を実現させるための、信念の矛盾なのである。

逆ギレ大明神はここに爆誕した。

 

 

 

 

そしてこの肥大した矛盾を抱えながら、逆ギレの権化となった僕は、年々力を増してきたようにも感じている。

 

 

少し前までは、スルーできていたことに対しても、我慢ができなくなり逆ギレしそうになってしまう。

僕の中の下着警察官が成長して、僕という自我を飲み込もうとしている。

 

 

 

少しでも怒っている人をみようものなら、「てめぇ!なに怒ってんだボケカスコラ!こちとらてめぇのことは温厚に見てやってんだ!!なのにてめぇ様は怒るんですかい!?!?!かぁーーー、てめぇも温厚身につけろやゴミクズやろう!!!!!」

 

 

温厚すぎるが故に、相手にブチ切れてしまう。

もはや悟空のような口調になってる。オッスオラ逆ギレ大明神!温厚なサイヤ人だ!

 

 

 

 

 

 

 

……温厚とはなんなのか、

 

 

 

 

 

 

 

自分の過去の所業、この文章を振り返ってみてぶち当たる。

シンプルな疑問である。

 

 

 

コイツはそもそもなぜ温厚であると言い切れているのか、

摩擦のない平和な世界という主張はなにを目指しているものなのか、

 

 

 

一度しっかりと自分と向き合い、温厚、平和という言葉の意味をしっかりと理解しなければならないであろう。辞書を使うところからオススメする。

 

 

 

 

 

温厚という主張を振りかざし、堂々と正義の逆ギレをしている奴が一番やばい、

こんな危険人物が社会で野放しになっていると思うとゾッとする。

 

 

自分という愚かな人間に怒りが湧いてきておるますので、これから自分の中にでてきた自分への怒りに対して、長年成長させてきた「逆ギレ」をぶちかましていきたいと思います。みなさまにストレスのない日々が続くことを祈っております。

 

 

 

 

オイ!自分ゴラァ!!!なに怒ってんだゴラァ!!!

イライラしてんじゃねぇぞゴラァ!!!まだ怒るならぶっ殺すぞ自分ゴラァ!!!!!

 

 

 

 

 

 

まぁ今日はこんな感じです。

麻雀という時間浪費な合法麻薬

このブログでもちょこちょこ書いてはきましたが、僕はゲームが好きだ。

ゲームと呼ばれる遊び、主にTVゲームやスマホアプリすなわちソシャゲも好き、

いっときは、シャドウバースというカードにドハマリし、頑なにヴァンパイアデッキで無課金の星として暴れまわりました。

 

最近だとドラガリアロストというドラゴンと契約してウェイしていくRPG

鬼の無課金勢で頑張っております。

これは別日にウェイ!と書きたいなと思ってます。

 

社会人になるとゲームをやったりする時間が日々減る一方ですが、

社会人とは思えない、睡眠時間を削ってゲームをする。

というパワープレイで、日々を過ごしております。

 

そういったバーチャルなゲームではなく、ボードゲームと呼ばれる。

いわばアナログなゲームも大好き、将棋と囲碁花札などは昔親父にボコボコにされながら覚えていきました。

花札でいたいけな僕のお年玉を搾取した親父を負かすために必死に勉強し、親父のボーナスを巻き上げたりして、家庭内がギスギスしたことも良い思い出でございます。

 

そんな僕は最近、麻雀欲が凄まじいのです。

バンドメンバーとダラダラと雀荘で打つわけですが、その姿は確実に社会人とは程遠いなにかだと思います。

タバコをくゆらせ眉間にシワをよせ、麻雀牌をツッターン!!!!

アイスコーヒーを口に含みながら眉間にシワを寄せ麻雀牌をツッターン!!!

あーこっちがきたか、そうかそういうことかなるほどとぶつぶつ言いながら眉間にシワを寄せツッターン!!!!

もはやその姿に知能指数のかけらを感じることはないでしょう。

眉間にシワを寄せ麻雀牌をツッターン!!!するゴリラになっています。

 

まぁそんなことを言いながら、仲間内とワイワイやって、楽しく麻雀をしてるわけなのですが、麻雀はかなり時間を浪費する遊びでございます。

明日仕事だというのに23時あたりからやり始め、気がついたら朝の4時、家に帰る頃には5時近いでしょう。

どう考えても頭がおかしい、普通の人ならば明日があるんで…といって終わればいいものの、麻雀牌をツッターン!!しているゴリラにはそれがわからなくなっているのです。

 

また麻雀は面白い、駆け引き読み合いなどもあり、考えることが多くなってきます。

友人同士ではありますが、負けると死ぬほど悔しくなるゴリラなので、絶対に勝つ!!という気持ちでドロドロと時間を溶かしていきます。

また勝っていても、気持ちよくなっているゴリラなのでもう一回やろうかと小汚い笑顔を浮かべながら麻雀牌をツッターン!!しています。

 

ゴリラのドラミングの代りに麻雀牌をツッターン!!!している眼鏡をかけたやつをご想像してください、それが麻雀牌ゴリラ、そう僕です。

 

終わった後の時間の絶望感と、言い表すことのできない多幸感、ふわふわ感があり、

もはや合法な麻薬なのではないかと考えるようになりました。

 

強気で麻雀牌をツッターン!してリーチした時、弱気で危険牌をツッターンして通した時、そのまま相手の額に役牌をツッターン!!!!した時、エンドルフィンやらドーパミンやらなんやらが脳内からドバドバでてきます。

 

エヘヘへ♡、ツッターン!!!とうつろな目でよだれを垂らしながら麻雀牌をツッターンしているゴリラがいましたらきっと僕です。気をつけましょう

 

そんな感じで麻雀を楽しんでいるゴリラですが、決して麻雀は強くありません。

 

麻雀で鎬を削り合ってるわけではなく、バンドメンバーなどの仲間内でコミュニケーションツールとして麻雀牌をツッターンしています。

もちろん強くはなろうと勉強はしますが、麻雀という合法麻薬を使用することで、忘れてしまいます。

えへへ~♡麻雀たのちいな♡オホ♡

みたいなエロ同人のような感じのゴリラになります。

エロ同人のようなゴリラってなんだ。もはやそれはオークなのではないだろうか、

それとも世の中にはゴリラのエロ同人があるのかもしれない、いけない…ググってはいけない…でも気になる…う!うぅぅ…ま、麻雀がしたい、麻雀牌をツッターンしたい!!

 

 

だからオフィスのデスクにも麻雀牌をツッターンできる環境を揃えようかと模索しております。

絶対に怒られるでしょうけど、その怒ってきた人の額に麻雀牌をツッターン!!とやれば、今日からその人も麻雀牌をツッターン中毒者の仲間入りです。

 

そして今、麻雀ができる知り合いを増やそうとしております。

メンツが集まらないと麻雀ができない、しかしフリーで単身雀荘に乗り込む勇気もないので、メンツを囲い込もうと思いました。

 

沖縄で麻雀してる人たちを集めるゴリラ、リクルートゴリラになっております。

なので、どこかでゴリラが麻雀リクルートしていたら、優しくしてください。

そして一緒に麻雀牌をツッターン!!!!!!しましょう。

もしくは麻雀牌をボリボリと食べ比べする会でも開きましょう。

みんな隠れてるはず、合法的に麻雀牌をツッターンできるとは思っていないはず、

そんなことはありません、ともに麻雀牌をツッターン!!!していきましょう、

そして、えへへ~♡麻雀たのちい♡オホ♡

って言いながら帰りましょう。

 

 

まぁ今日はこんな感じです。

 

リンゴマークにお布施する。

久しぶりにブログを書きます。

 

最近携帯を変えまして、AndroidユーザーからIOSユーザーへとなりました。

いわゆるiPhoneというやつに変わったんですが、やっぱり使いやすいなと思うんです。

 

当初はiPhone xsとかにしようかなー、なんて言ってましたが、ベゼルレスに魅力を感じることができず、あと、カメラそんな駆使しないな…と思い、iPhone8にしたクソザコナメクジでございます。

 

なんだかんだで人生初iPhoneで、仕事でmacを使用してきましたが、携帯だけは、Androidでいくんだ!!みんなiPhoneで浮かれやがって!へん!バーカ!!

と謎の抵抗をしてきました。

しかし心の奥底では、iPhoneイカしてる…絶対使いやすい、というかボイスメモ性能良くない?ギャラクシー爆発するんか…

などの欲望があったことでしょう。

しかし、iPhone使ってるやつはみんなジョブス!

と謎の言葉を発していた僕、そうやすやすとiPhoneに変えることなどできなかったのです。

 

そんな性格が地獄のように終わっている僕も、ついに、ついにiPhoneになったのです。

これで僕もジョブス!!タートルネックが似合う初老になれる!!!

などと息巻いております。8という一個前の機種を買っているというのに、

 

 

しかし、利用してみると、まぁ使いやすいのなんの、ストレスが少ない、

まぁ前使ってたのがGalaxy s3 という太古のスマホだったのでそう感じるのかもしれません、ちなみに5年以上使いました。物持ちの良さすごい、下取りは450円だったので、枕元において一緒に寝ています。

 

カメラきれいだし処理速度高いし、なおかつおしゃれ、

タイムリープして過去の自分に言い聞かせてやりたい、なんなら毎夜枕元でつぶやきたい、iPhoneにしなさいと、

 

そして極めつけはAppleMusicが利用できるようになったということです。

聞きたいアーティストすぐ聞ける、嬉しすぎて語彙力を司る脳の一部分が欠如しており、おいしい、すごい、おしゃれ、まじやばい、という単語しか使えない日がありました。

もはやJKと同じマインドになったと言っても過言ではないかもしれません。

みなさん、iPhoneを買うとJKになれます。

 

もう一週間とたたずにAppleの回し者になりました。

リンゴを大量に食わされ考えることをやめたアカウントとも言えるでしょう。

使い始めて一週間ですから、きっとまだまだしらない機能や、便利なアプリなどもあることでしょう。

 

 

 

リンゴのマークから光子力エネルギーを利用した太いビームが出て暴漢を撃退できたり、カメラで写すとその人物の寿命がわかるアプリがあったり、電池容量の半分を使用することで、銃弾をも弾き返すバリアがつかえるようなアプリもあるに違いない…

 

 

 

iPhoneすごい、もはやこのガジェットで世紀末が来ても乗り切れる。

みなさんiPhoneを買うと世紀末覇者になれます。

 

 

 

しかし、しかし、iPhoneいや、Appleは僕に厳しかった。

そう簡単に世紀末覇者JKにはさせてくれなかった。

 

 

 

そう、フリック入力という大きな壁が立ちはだかってきたのだ。

 

あれどうなってんの?入力しながら思考が止まる。

どこに動かせば目的の文字を入力できるのだ……

まわりのiPhoneユーザーは当たり前のようにフリック入力を駆使している。

 

なんなの?みんな脳内進化してんの?

フリック入力って義務教育とかでやりましたっけ??

 

フリック入力できる人たちのことは新人類と心なかで呼んでいます。

片手で自分の思考を相手に伝えることができる、なんなら指先一つで相手に伝えれる。

結論北斗神拳を会得している。もしくはスティーブン・スピルバーグが生んだ自転車のカゴに乗る宇宙人。

 

 

みなさんiPhoneを買ってフリック入力ができると、北斗神拳が使える。もしくはスピルバーグの映画に出演できます!!!

 

 

 

とりあえず、感想はiPhone最高という事です。

※このブログの語彙力が欠如しているのはiPhoneがすごいからです。みなさんiPhoneにしてフリック入力地獄を楽しみましょう。

 

 

 

まぁ今日はこんな感じです。