それ的なアレ

沖縄でドラムを叩く人、友人やバンドメンバーからはサイコパスと言われている心優しいゴミが描く壮大なゴミブログ

沖縄

初対面の相手にどう対応してよいかわからないアラサー

とても有難いことに、時々IT/web界隈の人達から飲みにこう!と誘ってもらえることがある。暇を持て余した暇人達の中でも特に暇人の僕は、満面の笑みでホイホイと飲みに出かけているそれだけではなく、様々な職種の方々と会う機会などもあり、その中にはこの…

突如として仕事中に襲ってくる低俗な下ネタ

ふとくそ真面目に仕事などの話題を、さもデキるビジネスマンを装い恥ずかしげもなくしゃべったり書いたりしていたところ、友人から「そんなんじゃないだろ下ネタとか言えよ」と言われたりします。 そして地味にこのブログを読んでいる人も周りには多く、隠れ…

ワルそうな男がモテるのは一体全体どういう訳なのか

この間、喫茶店で作業をしていたら不良風のイカつい男性が入ってきて、その男の連れている女性が恐ろしほど美人だった。 “美人な女性” はたくさんいるけども、その女性は日常生活に跋扈するそんじょそこらの美人とは一線を画すマジモンの美人だった。イメー…

YABAI

暑さがヤバいですね 暑さがヤバい時は、やはりクーラーでキンキンに冷やした室内がヤバいです。ヤバい室内から抜け出せず、最近、毎朝ヤバいことになってます それにしても、ヤバいという単語の汎用性が、いよいよヤバいことになってきています その汎用性た…

170cm

スターバックスで優雅に足を組みながら、神妙な顔つきでスマホを横にし、あたかもビジネスに関係のある動画などを見ている風なアラサー男子を見かけたとしたら、それは十中八九、ワタクシである。完全にシャドウバースをしているはずだ。 しかしシャドウバー…

スマブラ64が怖すぎて震えている。

任天堂switchが猛威を振るっているこのご時世に、年下の友人とニンテンドー64の話で盛り上がり、「やっぱスマブラだよな64と言えば。俺のドンキー結構強いゼエエエ? yeah」みたいな発言を軽い気持ちでしてみたところ、彼からは「僕もスマブラはかなり腕に覚…

個人的雑な振り返り~ブログ編~

私というアラサー男子が書いた。含蓄あるアカデミックなブログをざっくり振り返ろうかなと思います。 個人的なお気に入りなどはあまりないのですが、気が付いたら70記事ほど書いていたので、その中からたくさん読まれたであろう記事を並べてみました。 順番…

頑張らない事を肯定するということ

僕は大学生時代、特に何も頑張っていなかったので、就活の時に「学生時代に頑張ったことは何か」と聞かれて随分と苦労しました。なにせ、心底何も頑張っていないのです。部活に精を出している人や留学に行ってる人は良いなあと思いました。彼らは明らかに何…

「オチンポ」というのは恥ずかしい言葉ではないと友人が教えてくれた。

卑猥な下ネタでもなんでもないので、本文では、「オチンポ」を「オチ○ポ」と表記したり「オ○ンポ」と表記したりはしないものとする。ここまで堂々と「オチンポ」と表記されている論文は現代では珍しく、多少驚かれるかもしれないが、すぐに慣れると思うので…

お祈りメールへの傾向と対策

最近回りで、転職活動の話や、学生の就職活動などの話を聞き、大変だったよな…思い出しております。というわけなので、これから、皆さんに向けて、何一つとしてタメにならない恐ろしいブログを書きますので、注意深くブラウザを閉じて下さい。 千葉 様先日は…

お金が欲しい、そうただひたすらにお金が欲しいのだ。

今年の目標は「お金持ちになる。」という、もはや小学校低学年でも書かない夢を描き始めたアラサーです。どうもみなさんこんにちはお久しぶりです。生きてます。 お金持ちになりたいがためにお金について書いてみようと意気込み、フンスフンスと鼻息を荒げ、…

友人の悩みを解決しようと妙案をひねり出そうとした男の末路

自分にとってはナイスなアイディアだが、人によってはそうでもない、それを痛感した男のお話

朝方人間というのは人類にしか定義できないただ一つの定義なのではないだろうか

掲題の通りに人類を定義し直したいと思っている。人類の再定義。あまりの唐突さとスケールの大きさに何が起こっているのか理解が追いつかないと思うが、許して欲しい。私も理解がやや追いつけていない。しかし下書きに書いてあった以上、こいつをどうにかし…

当事者意識ってなんなんだろう。

「当事者意識を持て」とよく言われた。社会人1年目、企業の上司と新人、ありがちな光景だと思う。 「当事者意識」という単語の意味がよく分からなくて、よくググった。仕事中に、当事者意識に関する色んな文献を読んだ。 自分自身が、その事柄に直接関係す…

偉人の言葉というあなたを救うであろうソリューション

僕はあまりオシャレな服を持っておらず、オフィシャルもプライベートも、毎日似たような服を着回す傾向にあるが、そのせいで「おまえ、また今日も同じ服着てへん?」と周囲の人間にイジられることが多い ファッションセンスというのは男性の魅力の中でも非常…

忙しくなったら回ろう、そうだ回ろう。

依頼を、人から軽い気持ちで引き受けてしまう。 友人の依頼の場合。即答してしまいがちである。「オッケーイ!」 引き受けた時の精神構造は非常にシンプルだ、この任務をこなすのは今の自分ではなく未来の自分。私は、“依頼主” と “未来の自分” との、橋渡し…

ことわざの意味を、僕はよく知らないのではないだろうか

ほんとにどうでも良い事でこんなこと書くのも恥ずかしいし申し訳すら無いんですが、犬も歩けば棒に当たる の正しい意味が分かるかと友達に聞かれ、当たり前だろw と返してからふと、実はその正しい意味が全く分かっていないことを発見し先程から頭を抱えてい…

「知り合いかも」という機能は男性を社会的に殺しにきている。

いま世の男性を最も悩ませている問題は、これではないかと思う。トランプ政権の動向、キュレーションメディアの行く末、それらを遥かに凌ぐ、大問題だ 我々男性は何気なくfacebookを開き、何の気無しにボケっとタイムラインを流し読みし、誰かの結婚報告と誰…

沖縄も寒くなりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

先日の話。次の予定まですこしの時間余裕があったため、何気なくスタバに入った。 シャレ乙な空気を楽しんで一人満足気な笑みを浮かべる生粋のスタバユーザー、それがアタクシなのだ。 いつもの通り、ホットコーヒーのトールサイズを頼んだ。「345円になりま…

早口言葉に出てくるものに遭遇したことが無いなと、土曜日に思った。

隣の客がよく柿を食う客だったことがあるだろうか? 少なくとも僕にはない。一度もだ そして坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いていたこともない。 バスはガス大爆発を全く起こさないし、特許に関する行政を行うのはあくまで「特許庁」 特許許可局などという…

社会人のマナーってよく考えると独特だなと

ビジネスシーンに蔓延する独特のマナー全てに対して「独特レベル」を点数付けした場合に確実に上位に食い込んで来るであろう非常に独特なマナーの一つ。それは、「名刺交換の際に、相手よりも低い位置で自分の名刺を渡す」という例のアレだろう。名刺を交換…

休みの日、自分は何をしていたのか探ったら地理用語だけのメモを見つけた。

地理で学んだ名称を日常的に使うことがあるのだろうか、 ふと疑問に思い始めた。なぜこれを疑問に思ったかというと、メモ帳の欄に、 「関東平野」という文字だけが残されたメモを見つけたからだ。 過去の自分は未来の自分になにを残したかったのか、この「関…

宴会シーズンに思うこと

「宴会芸をやらされるのが嫌過ぎて体育会系の会社に入ることを躊躇している」という話を聞いたことがある。様々な会社の宴会芸に詳しい宴会芸の専門家ではないのでよく分からないが、まあ実際のところ、なんやかんや宴会芸をやらされる場面は今でもあるんだ…

アンパンマンを考えてみると非常に危険だと感じた。

夜分遅くすみません「アンパンマン」と名乗る、アンパンをモチーフにした男性の存在をご存知でしょうか。彼は非常に危険です気をつけて下さい まず彼の性癖の1つである、「自分の脳味噌の一部を切断し他者に受け渡す」というこの行為は、およそ道徳的観点か…

正月はSOUL'd OUTを聞いて過ごそうかと思う。

SOUL'd OUT。定期的にマイブームが訪れる。ちょうどいま、訪れている。この期間は、毎日のようにSOUL'd OUTが聴きたくなる。圧倒的な中毒性だ コカイン、ヘロイン、ソールドアウト 大麻、シンナー、diggy-mo そのブームは突然やってきて、数週間の内に、爽や…

新年をお迎えし、ふと気になり始めた2019年

皆様、あけましておめでとうございます。 人間だれしも、おじさんになるにつれ失敗を恐れるようになります。年月をかけて塗り上げたプライドにより、失敗というものに拒絶反応を示すようになる しかし、失敗することは本当に恥ずかしいことなのでしょうか? …

年末は忙しいが、普段も忙しい人というのは社長的なサムシングなのだろうか?

皆さんの周りには、やたらと忙しそうにしている、「忙しいアピール」を繰り出すことに余念のない人がいますか? いますね? ウザいですね?大丈夫です安心して下さい。私の周りにも、たくさんいます。やたらと忙しそうにしている社会人。いつも何かに追われ…

会社員という生き物

出社をし、取引先に対してメールを打った。冒頭に、「お世話になります」をつけた。するとそれに対する先方からの返信の冒頭には「お世話になります」がついていた。そして私は、そのメールに対して「お世話になります」から始まる返信を打った。予知しよう…

ビジネスシーンで活躍する、筋肉というソリューション

昨今なにかにつけて筋肉というワードを見かける。 デキるビジネスマンが筋トレをしているというのはかねてより耳にしていたが、 たしかにそういったものが主流になりつつあるような気がしている。 優秀な経営者が仕事の合間を縫ってジムに通い、フンフン言い…

「来年は飛躍の年にします。」と僕は忘年会で言うのであろう。

多分言う、どこかしらで言う、忘年会か、もしくは新年会とかで言う、間違いない。 来年はどういった一年にしていきますか? みたいなことをこの12月あたりから聞かれ始める。 そこでよく耳にするのは「飛躍の年にします。」という言葉だ。 ふと思い出してみ…