見たまま感じたまま

沖縄でドラムを叩く人、友人やバンドメンバーからはサイコパスと言われている心優しいゴミが描く壮大なゴミブログ

絶食が終わり一つの道を見出す午後

絶食三日目、朝起きたらすこぶる調子が良い、空腹もなく、このままハッピーに行けるのではないかとおもったが、なぞの恐怖と、飽くなき食への探究心が働き、朝食に軽いお茶漬けを食べる。

すっと入っていくお茶漬け、すぐにお腹いっぱいになる。

インターネットだと、ご飯美味しい!!やばい!!こんなにも食に対して感動できるなんて!!おかゆがこんなにも美味しく感じるとは!!!!

みたいな事が書かれていたので、非常に期待してたんですが、なんてことはない、普通のお茶漬け、なんなら少し薄いお茶漬けっていう感想でした。

 

 

おいおい、なんだよ、期待した感じと全然ちゃうやんけ、なんならもう一日待つべきでしたか??なんて思う始末、しかも食ったら食ったで、眠気が来るとかいうポンコツ具合な俺の身体、

確かに痩せた。全体的に肉がなくなった感じもある、なんなら筋肉落ちてない?という気持ちにもなってる。

まぁいいかと思い、出社してすぐにMTG、相も変わらずカタカナ語が多い、

 

そんでMTGあけて昼飯、絶対中華そば食う!!!と意気込んでいたので、同僚とラーメン屋へ、本当はあんまりよくないのでしょうが、どうしてもラーメンが食いたかったので、行きました。

そしてやってくる中華そば大盛り煮玉子トッピング、スープを一口すする……

 

 

 

 

 

うっっっっっっっっっっっま!!!!!!!!!!

 

 

 

え!?うまい!!!なにこれ!!!びびる!!

ここのラーメンってこんなに美味かったっけ!?!?!?!?!?

 

 

 

おそるおそる二口目のスープをすする……

 

 

 

 

 

 

 

うっっっっっっっっっっっっっま!!!!

 

べらぼうに美味い、ちょっとまて、これで麺すすったら俺、死んでしまうんやないか

なんでラーメン食べたらこの人しんでしまうん??せつこ!それラーメンやない!中華そば大盛り煮玉子トッピングや!!

 

 

 

命の危険を感じながらラーメンの麺をすする。

高鳴る鼓動、そうそれははじめて女性に告白をするときのような、もしくははじめて夜中まで一人で起きて、トゥナイトを見たときのような、得体の知れない高揚感、背徳感そう胸のドキドキを感じながらラーメンをすするのだ。

そんな経験を今までしたことがあっただろうか?

 

 

 

そのまた昔、大学生だったころ、一人暮らしをし始め、それにマンネリを感じていた頃、夜に一人、飢饉で村がやられ、飢えに苦しむ農民田吾作という設定で、暗がりの中ひもじい…ひもじい…もうだめだ、オラはここで死ぬんだ……と諦めかけたとき、ふと目の前の机を見たとき、そこには光り輝く一つのぶどうパンが……

周りを見渡す農民田吾作、震える手でそのぶどうパンを掴む、またゆっくりと回りを見渡す田吾作……誰もいないことを確認し、一心不乱にそのぶどうパンを貪り始めた。

うまい!なんだこの食べ物は!甘い……みるみる腹が膨れていく、そして気がつく田吾作、その隣には冷えた水がコップに入っている。

それを一気に飲み干し、身体中に水分が染み渡るのを感じる。

そして残ったぶどうパンをまた貪りにかかる。

うまい、なんたる幸福か、色々な事が田吾作の脳裏をよぎる。

妻と子供と苦しいながらも毎日楽しく暮らしていたこと、村の小さな祭りで裸で踊り回ったこと、一揆を起こそうとした村長を説得し、互いに殴り合ったこと、

村に飢饉が襲いみな、死んでいったこと……

田吾作はぶどうパンを食べ終え、ぶどうパンの入っていいたであろう紙袋に頭を下げ、手を合わせ、泣きながら「ありがてぇ、ありがてぇ」そうつぶやきながら、何度も何度も手を合わせたのだ……

 

なんの話やこれ、もう田吾作の日記じゃんこれ、

 

とりあえずラーメン食いました。

くっっっっっっそ美味かった!!!!

 

 

そこで聡明な僕は気が付きました。

食べることを辞めてはいけないのだと、体型が気になるのであれば運動するべきだと、

そうここで僕は思い立ったのだ。

筋トレをしよう、バッキバキの身体になろう、クリスティアーノ・ロナウドみたいになろう。

そしたら毎日おいしいご飯を好きなだけ食べて、身体も引き締まり、嫌な上司や取引先を握りつぶせるはずだ!!

そして、そして、田吾作も報われるはずだ。

そうすべては田吾作のために!!!!

エスユア田吾作!!!!!!!

 

 

 

まぁ今日はこんな感じです。